1. TOP
  2. 株式会社ケイエスピー

会社情報

優れた技術の事業化と発展をサポート

株式会社ケイエスピーは、「かながわサイエンスパーク(KSP)」の中核的事業主体として1986年に創業しました。以来、研究開発型ベンチャー企業・成長をサポートするビジネスインキュベータとして、さまざまなサービスを開発、提供しています。
私たちは技術の進化と時代の変化をとらえ、挑戦する起業家の事業化を導き、経営を支える一助になりたいと考えています。

事例 CASE

説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。

選んだ道で一流を目指す。それが「私ならではの仕事」に

ロイヤルブルーティージャパン株式会社 代表取締役社長 吉本桂子 氏

人生の拡大は「やる」を選択すること

株式会社リブテック 代表取締役社長 中村康司 氏

上場することで自分達の事業が拡大できるのなら、目指すべき

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 取締役副社長 兼 CFO 髙田隆太郎 氏

未来の予測ではなく、未来を描く。それが新事業

(株)日立コンサルティング 経営戦略部 企画・マーケティンググループ テクニカルディレクター 水谷世希 氏

最新情報 COLUMN

プレスリリースや、セミナー情報、サービス情報など
説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。説明テキストがが入ります。

起業家支援を牽引する東西のサイエンスパークが連携協定を締結 スタートアップ・エコシステムの新たな架け橋へ

起業家支援を牽引する東西のサイエンスパークが連携協定を締結 スタートアップ・エコシステムの新たな架け橋へ

京都リサーチパーク(KRP)、かながわサイエンスパーク(KSP)が日本のベンチャー支援事業等の発展に向けて三者協定を締結しました。2021年10月18日 都市型研究開発拠点の京都リサーチパークの運営主体である京都リサーチパーク株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:小川信也、以下KRP)と、 かながわサイエンスパークの中核的運営主体である株式会社ケイエスピー(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長...

株式会社ケイエスピー社員「インキュベーションマネージャー」人材募集

株式会社ケイエスピー社員「インキュベーションマネージャー」人材募集

当社は、優れた技術やアイディアをもとに事業化や成長を目指すベンチャー企業や研究者へステージに合わせた支援を多角的に提供しています。全国の企業・大学等そして海外の機関とも連携する当社で活躍してみませんか。 日本のビジネスインキュベータの先駆けとして、確固たる地位を構築するケイエスピー。1986年「かながわサイエンスパーク」の中核的事業主体として設立、以来30年間、常時100社を超えるベンチャー企業を...

株式会社レナサイエンス 東京証券取引所マザーズ市場への株式上場

株式会社レナサイエンス 東京証券取引所マザーズ市場への株式上場

KSP5号投資事業有限責任組合で、投資支援を行っている株式会社レナサイエンス(東京都中央区、内藤幸嗣 代表取締役社長)が2021年9月24日、東証マザーズに上場しました。 同社は、医薬品等・医療機器・人工知能(AI)ソリューション等の開発・販売等を行っています。 企業情報は、こちらからご覧ください。 ⇒ 株式会社レナサイエンス Webサイト

国際活動実績

日時 出来事 概要
2020年3月4~13日 ドイツシュタインバイス大学日本研修2020春開催 シュタインバイス大学の大学院生31名が日本におけるマネジメントやマーケティングを学ぶことを目的に来日し、実際の日本企業の課題に対して実践トレーニングを行いました。
2020年3月4~13日 ドイツシュタインバイス大学日本研修2020春開催 シュタインバイス大学の大学院生31名が日本におけるマネジメントやマーケティングを学ぶことを目的に来日し、実際の日本企業の課題に対して実践トレーニングを行いました。
2020年3月4~13日 ドイツシュタインバイス大学日本研修2020春開催 シュタインバイス大学の大学院生31名が日本におけるマネジメントやマーケティングを学ぶことを目的に来日し、実際の日本企業の課題に対して実践トレーニングを行いました。
2017年度 2018年度 2019年度
正会員 69 87 106
正会員 6 11 14
名称 Dreamingデスク Startingスペース Growingルーム
仕様 専用ワークスペース 個室/オフィス仕様 個室/オフィス仕様
室数(面積) 3ブース 7室(約15㎡) 5室(約30㎡)
社名

株式会社ケイエスピー(英文名:KSP,Inc.)

設立

1986年12月19日

所在地

〒213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1

アクセス情報

資本金

45億円

(神奈川県、川崎市、株式会社日本政策投資銀行)
民間セクター65.8%
(飛島建設株式会社、日本生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社、みずほ信託銀行株式会社、東京急行電鉄株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社、三井生命保険株式会社、株式会社横浜銀行など46社)

役員
代表取締役社長
内田 裕久
常務取締役
蛯名 喜代作、今井 宏晴
取締役
玉井一彦(川崎市)、村井俊広(飛島建設)、高橋芳宏(日本生命)、 渡邊 尚(明治安田生命)、
國重正雄(KISTEC)、 田中 聰(ミクロスソフトウエア)、吉田建志(ケイエスピー熱供給)
監査役
中村和夫、窪田俊也(横浜銀行)、服部たか穂(東京海上日動火災)
事業内容

創業支援、企業家育成、成長支援、企業交流、イベント開催

関係会社

株式会社ケイエスピーコミュニティ(サイエンスパークの管理・運営)
ケイエスピー熱供給株式会社(地域冷暖房事業)
株式会社ホテルケイエスピー(ホテルKSPの運営)

1985年 7月 「サイエンスパーク構想調査研究会」設置
1986年 12月 「民活法」(※)」適用第1号認定(1号施設=リサーチコア)
「株式会社ケイエスピー」設立(初代代表取締役社長 岡崎嘉平太)

入居企業等が会員となり、会員相互の交流や情報交換の促進・スキルアップ等に資するセミナー等を開催しています。
当社はこの交流会の事務局として、各種イベント・セミナーの企画から運営まで行っています。
2019年度末において34社が会員となっています。

再生・細胞医療産業化支援

今後大きな成長が期待される再生・細胞医療分野の事業化・産業化を促進するため、KSP Biotech Labを拠点に、インキュベーションマネージャーによるハン ズオン支援のほか、神奈川県から「再生・細胞医療産業化促進事業」を受託し、「かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK)」及び「再生・細胞 医療産業化連携プロジェクト」を通じた支援を行っています。

再生・細胞医療産業化促進事業(神奈川県)

2019年度会員構成

代表幹事:大阪サニタリー株式会社、株式会社リコー 幹  事:タカラバイオ株式会社、富士フィルム和光純薬株式会社、株式会社バイオテック・ ラボ、一般社団法人日本薬理評価機構、神奈川県、株式会社ケイエスピー

株式会社ケイエスピーの5つの強み

インキュベーション×ソリューション

株式会社ケイエスピーでは、過去30年間、常時100社を超えるベンチャー企業をサポートしています。
サポートには、各社とのコミュニケーションを通じて経営情況や事業展開における課題を見極めて助言するとともに、解決に向けた具体的なアクションでお応えします。
販路開拓や資金調達など、ベンチャー企業のさまざまな課題に向き合い、基本となるインキュベーションに加え、各種ソリューションサービスを掛け合わせて対応しています。それぞれ当社が独自に開発したサービスであるため、迅速かつ柔軟なサポートを可能とし、中小・ベンチャー企業だけでなく、国内外の大企業の新事業開発にも貢献しています。

KSPでは、全ての入居企業に対し、資金調達(増資、銀行借入)、販路開拓(顧客、提携先企業紹介)、専門家・専門サービスの紹介等の事業運営をサポートするスタッフをインキュベーションマネージャー(IM)と呼んでいます。

KSPのIMは、様々なバックグランドと多くの支援経験を持っており、お互いの経験値を共有し、協力して全ての入居企業の成長をバックアップしていきます。

黒田 智生

インキュベーション・インベストメントマネージャー

大手都市銀行での法人営業を経て、子会社のVCに出向。外資系VC・ネットベンチャーCFO・経営コンサルタント会社を経て、個人で経営コンサルタントとして活動。01年当社入社。銀行時代よりベンチャー企業の支援業務に従事しており、これまでに14社のIPOに関わっている。明治大学経営学部卒。

入居までの流れ

お問い合わせからご入居までの流れをわかりやすくご案内します。

オープンラボ

KSP Biotech Lab内に再生・細胞医療の実用化・産業化を支援するためのオープンラボを開設しました。個々の企業では導入が困難な高額研究機器や汎用性の高い機器が整備されており、研究開発や事業化の推進に活用していただけます。

利用対象:LIC入居企業をはじめとする再生・細胞医療関連の研究開発等を実施する事業者

運営:ノベルサイエンス(株)
http://www.lic-openlab.com/

オープンラボ

KSP Biotech Lab内に再生・細胞医療の実用化・産業化を支援するためのオープンラボを開設しました。個々の企業では導入が困難な高額研究機器や汎用性の高い機器が整備されており、研究開発や事業化の推進に活用していただけます。

利用対象:LIC入居企業をはじめとする再生・細胞医療関連の研究開発等を実施する事業者

運営:ノベルサイエンス(株)
http://www.lic-openlab.com/

入居までのステップ

お問い合わせからご入居までの流れをわかりやすくご案内します。

Step3

入居のお申込

具体的な入居希望時期が決まりましたら、申込書をご提出いただき、入居審査会でのプレゼンの日程を調整します。
申込に必要な書類(入居申込書・資金繰り表・事業化スケジュール)は、以下よりダウンロードいただけます。

必要書類テンプレートのダウンロードはこちら

Step6

ご入居

契約の締結、ご入居となります。
オフィス移転に伴う、引越、オフィス家具、各種工事などのご相談を承ります。

関連情報

直近の取材実績
2019年6月13日:KSP交流会 記念講演会

「職場でできる 腰痛も仕事も効率にあがる姿勢対策」
東京大学医学部付属病院22世紀医療センター特任教授 整形外科医・医学博士 松平浩氏

  • KSP及びマッチング事業のご紹介
  • ニーズ提示型ビジネスマッチング事業報告
  • マッチング成約事例ご紹介
  • 大企業ニーズの説明
  • エントリー方法、面談までの流れ
  • Q&A
  1. KSP及びマッチング事業のご紹介
  2. ニーズ提示型ビジネスマッチング事業報告
  3. マッチング成約事例ご紹介
  4. 大企業ニーズの説明
  5. エントリー方法、面談までの流れ
  6. Q&A

CONTACT

明日の新事業を協創する
株式会社ケイエスピー

各種お問い合わせは以下よりお願いいたします。

 

ご不明な点等、
お気軽にご相談ください。

 

メルマガ登録で
インキュベーションに関する
最新情報をお届け!

PAGETOP