メールマガジン

ヤマトHD 山内会長講演会 参加者募集■ケイエスピーメールマガジンVol.275

  • 2019年11月13日
、[ ]

★いつもご覧いただきましてありがとうございます。

赤字をクリックしていただくと各ページをご覧いただけます。

メールマガジンのご登録もお待ちしております。

メールマガジンの登録はこちらから行うことができます!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 K S P の 最 新 情 報 を お 届 け し ま す 

                      Vol.275 2019.11.13発行  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
  
  新 着 案 内 
  
   KSPのWebサイト随時更新中! ⇒ https://www.ksp.co.jp/
       
◇ INDEX ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 株式会社ケイエスピーからのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. ヤマトHD 山内会長講演会 参加者募集


2.日印連携シンポジウム
  「パーソナルデータ・AI・スマートシティ」(11/21)開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ 関係機関からのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――   

3. 《KISTECサイエンスカフェ【特別編】》
 「地球サイズの望遠鏡がとらえたブラックホールの姿
                           ~事象の地平線の謎に挑む」
                                   【神奈川県立産技総研】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1.ヤマトHD 山内会長講演会 参加者募集
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
毎年、大企業経営者を講師としてお招きし、経営にかける不屈の志などを
ご講演していただいております。
今年はヤマトホールディングス株式会社 取締役会長 山内 雅喜 氏を
講師としてお招きし、「満足創造経営」や、近年急激に変化する経営環境に対して
どのような経営判断をしてきたかについて触れていただきます。
またヤマトの経営を支えている「理念」や「価値観」についてもご紹介いただきます。
著名な経営者の講演を聞くことのできる大変貴重な機会です。
皆様のご応募お待ちいたしております。

〇テーマ  「クロネコヤマトの満足創造経営」

〇開催日  2019年11月28日(木)16時15分~17時45分(受付16時00分~)

〇会 場  かながわサイエンスパーク西棟3階 KSPホール
		(住所:川崎市高津区坂戸3-2-1)

〇定 員  50名(申し込み多数の場合はお断りする場合があります)

〇参加費  無料

〇お申込  専用HPよりお申し込み下さい。
		https://www.ksp.co.jp/hrd/school/kinen201911/

〇問合せ  株式会社ケイエスピー KSPビジネスイノベーションスクール事務局
      TEL:044-819-2001/FAX:044-819-2009/E-Mail:bis@ksp.or.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆     
2.日印連携シンポジウム
  「パーソナルデータ・AI・スマートシティ」(11/21)開催
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆     
このたび、JEITA「超スマート社会とデータ流通専門委員会」では、GDP を
越える個人向けサービス全体の価値をパーソナルデータの活用によってさら
に高めることがスマートシティ(AIと融合した社会)における最重要課題と捉
え、シンポジウムを開催致します。
パーソナルデータは本人が管理運用することによって価値を最大化できます
が、それにはその管理運用を支援するパーソナルAIエージェントが必須です。
本シンポジウムではこれらの課題解決と、さらには日本とインドにおける関
連技術やビジネスの動向を概観し、連携の可能性を探ります。ぜひご参加く
ださい。

○日 時  2019年11月21日(木) 13:00~17:00 開場12:30

○会 場  東京大学工学部 3号館 2階 31号講義室
      東京都文京区本郷 7-3-1 TEL 03-812-2111
      https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_04_j.html

○内 容  講演者及びテーマ
      橋田 浩一氏(東京大学)パーソナルデータに関する講演
      松原 仁氏(はこだて未来大学) 人工知能に関する講演
      宮田 裕章氏(慶應義塾大学) スマートシティに関する講演
      インド大使館 Indiastack について

〇主 催  一般社団法人電子情報技術産業協会
      「超スマート社会とデータ流通専門委員会」

〇共 催  東京大学 ソーシャル ICT 研究センタ ー

〇後 援  経済産業省、インド大使館、一般社団法人日本経済団体連合会、
      独立行政法人日本貿易振興会ジェトロ、株式会社横浜銀行、
      株式会社ケイエスピー

〇協 力  株式会社AIインキュベーション

○参加費  無料

○定 員  150名(先着順)※定員になり次第、締め切ります
   
○申込み  詳細は下記よりご覧ください。申し込みができます。
      ⇒ https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=1250&ca=1
            
○問合せ    一般社団法人 電子情報技術産業協会 事業推進戦略本部情報産業部
            TEL 03-5218-1057 FAX 03-5218-1076
      E-Mail itt3@jeita.or.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
3.《KISTECサイエンスカフェ【特別編】》
「地球サイズの望遠鏡がとらえたブラックホールの姿
                           ~事象の地平線の謎に挑む」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2019年4月10日、宇宙で最も重力が強く、謎に包まれた天体であるブラック
ホールの撮影に初めて成功したと国立天文台などの国際チームが発表しました。
ブラックホールは強烈な重力で光さえ飲み込んでしまうため、撮影は困難と
されてきましたが、地球サイズの電波望遠鏡を使って「黒い穴」の姿を
とらえました。これはブラックホールの存在を証明する画期的な成果で、
天文学の大きな前進となると言われています。
講演では、ブラックホールの撮影がいかにして成功したかを中心に、
巨大ブラックホールをめぐる謎と解明への挑戦についてお話しいただきます。
みなさま奮ってのご参加をお待ちしております。

○日  時  2019年12月20日(金)17:00~18:30
         
○会  場  関内ホール 小ホール(横浜市中区住吉町)

○講 師  本間 希樹氏(国立天文台水沢VLBI観測所 所長)

○詳 細  https://www.kanagawa-iri.jp/rikaston/sciencecafe/2019-2/

○受講料  無料

〇定 員  100名(事前申込制、先着順) 

▼内容等の詳細については、KISTECウェブサイトをご覧ください。
 https://www.kanagawa-iri.jp/rikaston/sciencecafe/2019-2/

〇問合せ 地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
     人材育成部 産業人材研修グループ
     TEL:046-236-1500  E-mail:koryu@kanagawa-iri.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集・発行:株式会社ケイエスピー
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西304
TEL 044-819-2001 FAX 044-819-2009 
Facebook : https://www.facebook.com/kanagawasciencepark
     『いいね』をお願いします。
本メールの転載、転送はご自由に行ってください。
今後受信を希望されない方は、このメールへ返信してください。
※本メールは弊社開催のセミナー等にご参加された方
 及びメルマガ受信に同意いただいた方にお送りさせて頂いております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン最新の投稿

メールマガジンバックナンバー

KSP Biotech Lab
再生・細胞医療産業化連携プロジェクト
RINK
協創マッチングフォーラム
KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
バーデン・ヴュルテンベルク
地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

 


過去の開催分

タグ