" 2019 " の一覧

記事一覧

インドネシア政府 技術評価応用庁 来訪

2019年10月10日、インドネシア政府 技術評価応用庁(BPPT)のHammam Riza長官と、Eniya Listiani Dewi副長官が、かながわサイエンスパークを訪問し、内田社長と面談しました。 BPPTは、

平成30年度 再生・細胞医療産業化連携プロジェクト採択企業 <横浜市立大学 大学院生命医科学研究科 竹居光太郎研究室>

~LOTUSを利用して神経細胞を再生~ 横浜市立大学大学院生命医科学研究科の生体機能医科学研究室(竹居研究室)では、神経の発生や再生のメカニズムを研究しています。竹居研究室は、神経回路形成因子であるLOTUSを発見してい

ステムリム 東京証券取引所マザーズ市場への株式上場

KSP4号投資事業有限責任組合およびKSP5号投資事業有限責任組合で、投資支援を行っている株式会社ステムリム(大阪府茨木市、冨田 憲介 代表取締役会長CEO)が8月9日、東証マザーズに上場しました。 同社は、新しい作用メ

「KSPビジネスイノベーションスクール2019」報告

今年も「KSPビジネスイノベーションスクール」が2019年5月20日(月)より開講されました。 ◆2019年5月20日 開校式の様子 ——- 「KSPビジネスイノベーションスクール(BIS)201

【終了しました】第16回かわさきサイエンスチャレンジ

  2019年8月3,4日の2日間、かながわサイエンスパーク西棟の各フロアーを使って、第16回かわさきサイエンスチャレンジを開催しました。 かわさき宙と緑の科学館をはじめとする行政機関や民間企業、市民ボランティ

おかげさまでKSPは開設30周年を迎えました

『かながわサイエンスパーク(KSP)』開設30周年 記念碑   1989年7月に開設したかながわサイエンスパーク(KSP)は、今年で30年目を迎えました。 このKSPを運営する株式会社ケイエスピーは、入居企業や

“Kawasaki Deep Tech Accelerator”採択者の決定について

川崎市が主催し、(株)ケイエスピーが運営協力して実施する 2019年度 “Kawasaki Deep Tech Accelerator(研究開発型ベンチャー企業成長支援事業)” の採択者が決定致しました。 デバイス、ライ

平成30年度 再生・細胞医療産業化連携プロジェクト採択企業 <細胞応用技術研究所 >

細胞応用技術研究所(L-CAT)は、実用化された再生医療技術を全国のクリニックに普及させることをミッションとする大学発ベンチャーです。当社は、聖マリアンナ医科大学の再生医療の技術シーズと全国のクリニックの現場ニーズを結び

【終了しました】追加募集【支援額最大300万円】
神奈川県内で早期事業化を目指す 再生・細胞医療分野の連携プロジェクトを公募します

株式会社ケイエスピーは、神奈川県より再生・細胞医療産業化促進事業を受託し、本分野の産業化促進に取り組んでいます。 この度、「再生・細胞医療産業化連携プロジェクト」の追加公募を開始しました。 「再生・細胞医療またはその関連

KSP交流会の活動を紹介しています

KSP内の交流団体の1つであるKSP交流会では、入居企業・団体・個人間の友好や情報交換の増進、事業創造や自己啓発の機会づくりを目的として活動しています。 これまで、KSP内に限った活動として対外的には活動内容を公表してい

最新の投稿

アーカイブ

KSP Biotech Lab
再生・細胞医療産業化連携プロジェクト
RINK
協創マッチングフォーラム
KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
バーデン・ヴュルテンベルク
地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

 


過去の開催分

タグ