ビジネスアライアンス研究会

ビジネスアライアンス研究会「M2M/ビッグデータ」

今回は、「M2M、ビッグデータを活用したソリューション」をテーマに、流通、ヘルスケア、農業の各分野のベンチャー3社にプレゼンを頂きました。

また、冒頭にMCPC モバイルM2MWGから講師を迎え、M2Mのビジネスモデル分析を行いました。

 

平成25年12月10日(火)15:00~19:00 / KSP西棟7階701会議室

■MCPC/KDDI:モバイルM2Mのビジネスモデルと成功のためのキーポイント

■ipoca(株):商業施設向けO to Oサービス【NEARLY】

■WINフロンティア(株):センシング技術を活用したITヘルスケア事業

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の研究会では、皆さん興味をもっていらっしゃるテーマということで、いつもより多い40名のかたにご参加頂きました。

まずは導入として、MCPC モバイルM2Mワーキンググループ 副委員長のKDDI菰岡さんから、MCPCアワード受賞企業のビジネスモデル分析を行って頂きました。

IMG_8225_R.JPG

 

基本は、B = B = B、もしくは B = B = C であり

 

左のB    端末、回線、ソフトウェアなどのサプライヤー

真ん中のB サービスの責任をもつ事業者 ←ここの会社をいかに増やすかがポイント!

右のB、C  サービスを利用する顧客

 

ということで、今回プレゼンする3社のベンチャーはいずれも真ん中のBの立場の企業です。

後半では、M2Mサービスを海外に持って行った際の通信規格や認証についてお話頂きました。

 

 

続いて、1社目のベンチャーipoca(イポカ)の一之瀬社長のプレゼンです。

ipocaは、創業前にKSPでやっているビジネススクールに参加され、ビジネスプランのブラッシュアップを行ない今年で7期目になります。

今年、KSPをふくむ4社のVCから1億4千万円の資金を調達し、一気に事業の拡大を図ろうとしています。リューションは、商店街、ショッピングモール、スポーツイベントなどを対象にした、買い回り促進のシステムです。

IMG_8231_R.JPG

 

当初はお財布ケータイを使ったポイントシステムから出発し、来店促進のためのサービス「タッチャン」が現在の主力サービス。

12月にスマホを使ったソーシャル連携アプリ「NEARLY」をリリースし、今回のプレゼンでは、デモを交えてご紹介頂きました。

nearly_logo.png
 
 
 
 

2社目は、ヘルスケア分野でのサービスを手掛けられている、WINフロンティアさんです。

WINフロンティアは、ウェアラブル環境情報ネット推進機構というNPOで開発されたシーズを事業化するために作られた会社です。様々な大学の知見を商品として開発しています。

 
IMG_8238_R.JPG
 

今回は、CTOの駒澤取締役と事業開発の高島さんにお越しいただきました。

 

サービスは、心拍の揺らぎから自律神経を計測し、ストレス度合いをチェックするというものです。

通常、カウンセリングでは相手と打ち解けあうのに時間がかかったり、自己申告が多いため自覚している状況と、実際のストレス状況が乖離しているケースもあり、ストレス度合いを定量的に計測することの重要性は高いとのことです。

IMG_8245_R.JPG

後半は事業開発の高島さんから、現在のビジネスの状況についてプレゼンがありました。企業の人事、労務関係やカウンセラー養成のセミナーなどでサービスが採用されているとのことです。

今後は、診断結果からどのように改善するサービスに繋げていくのかが課題になりそうです。

Lifescore ~ココロとカラダの健康測定サービス~

 

今回は、プレゼン3社というかなりの長丁場になりましたが、その後も参加者の自己紹介など行い、19時まで続きました。

その後は、いつものようにほぼ全員の方に参加頂き、懇親会を開催しました。

IMG_8261_R.JPG
IMG_8265_R.JPG
そして、中締めはいつも一本締めなのですが、今回は「ヨッシャ、ヨッシャ、イエーイ」というかけ声でしめさせて頂きました。(笑)
IMG_8266_R.JPG
 
 
次回は、1月29日(火)にB2Bマーケティング実践講座 3回 B2Bのビジネスモデル開発実践
見守りサービス「誰が、誰をみまもるか」 を開催します。