2021年12月13日
2022年6月10日追記

 

公益財団法人 沖縄科学技術振興センター(OSTC)、株式会社 ケイエスピー(KSP)の2社がファンド運営事業者(GP)として、
公益財団法人沖縄県産業振興公社、株式会社 沖縄銀行、株式会社 琉球銀行、JAグループ沖縄、拓南本社株式会社の5社が賛同出資者(LP)
計7社により「おきなわイノベーション創出ファンド」(OSTC投資事業有限責任組合)を組成いたしました。
2022年5月31日付で株式会社琉球新報社がLPに追加加入いただきました。


2022年6月9日(木)沖縄県那覇市 株式会社琉球新報社 にて追加加入調印式を行いました

20211213OSTCFund.jpg
 

沖縄県の大学発スタートアップ等、多数のスタートアップ・中小企業を支援してきた(公財)沖縄科学技術振興センター(沖縄県うるま市、理事長:糸村昌祐)と、 かながわサイエンスパークの中核的運営主体である株式会社ケイエスピー(神奈川県川崎市、代表取締役社長:窪田規一)は、「おきなわイノベーション創出ファンド」を組成いたしました。
2021年12月13日に調印式を実施いたしました。
「おきなわイノベーション創出ファンド」は、沖縄県内の関連課題(SDGs)をイノベーション(新しいソリューション)により解決するビジネスモデルを有する沖縄県内のスタートアップ企業等を含む中小企業への出資や育成支援により地域の活性化を目的とした公的ファンドです。


 

公益財団法人沖縄科学技術振興センター(OSTC)

沖縄県の科学技術の中核的な支援機関として、「バイオ」「環境」「情報通信」分野において大学・高専発ベンチャーのマッチング等の起業支援や「シード~アーリー~ミドル期」のベンチャー企業の成長支援の実績を有しております。
さらに、P2レベルの研究が可能なレンタルラボのある「沖縄ライフサイエンス研究センター」の運営管理を行っており、企業集積の促進を図っています。

 



株式会社ケイエスピー(KSP)

1989年日本初の都市型サイエンスパークとして設立された、かながわサイエンスパーク(KSP)の中核運営主体として創業支援・企業家育成・成長支援・企業交流等を行っています。
KSP独自のファンドによる投資やビジネススクール、ビジネスマッチング等を行い、日本の新産業育成モデルの牽引役として国内外から評価を受けています。日本の将来の基幹産業を担うベンチャー企業の創出・育成に向けて貢献します。

 








 
- 本件に関するお問い合わせ先 -

 株式会社ケイエスピー インキュベート・投資事業部

PAGETOP