ビジネスマッチング

個別ニーズにあった多様なマッチング

国内外のキーマンとの豊富なネットワークをもち、広域的な連携のもと2002年からビジネスマッチングを行ってきました。フォーラムは延べで32回開催、中小企業524社、大企業549社・3,536名が参加し、1,785回の個別マッチングを行ってきました。
技術系中小ベンチャー企業と中堅・大企業の協業(アライアンス)を通じ、新事業のスムーズな立ち上げ、商品開発のスピードアップなど企業の競争力強化を支援しています。

協創マッチングフォーラム

協創マッチングフォーラム

連携している全国の支援機関が推薦する優れた技術をもつ中小ベンチャー企業20社と事業シーズを求める大企業とのオープンな マッチングイベントです。イベントは午前=中小ベンチャー企業プレゼン、午後=個別面談で構成され、年2回程度開催しています。プレゼン はどなたでも聴講可能です。

ビジネスアライアンス研究会

ビジネスアライアンス研究会

協業により成長市場への新規参入をめざす企業を対象にした会員制の研究会です。特定のテーマを設定し(H27テーマ:ヘルスケア、IoT)先進企業のビジネスモデル研究を定期的に開催しています。研究会終了後の交流会が大きな特徴で、毎回出席者の9割以上の方が参加し、活発な相互交流を行っています。

技術スカウトサービス

技術スカウトサービス

オープンイノベーションを指向する大企業のニーズをもとに、全国から技術シーズを探索するサービスです。大企業の社名は匿名で、全国11か所(仙台、東京、川崎、浜松、名古屋、大阪、高松、福岡など)で支援機関、銀行、大学などを対象にしたニーズ説明会を開催し、シーズ発掘、技術評価、マッチングのサポートなどを行っています。 

成功事例

成功事例

ビジネスマッチングを通じて提携、取引に至った事例をご紹介します。

最新情報

alliance

大企業25社、ベンチャー企業13社 総勢73人が参加し盛会のうちに終了 KSPでは協業により成長市場への新規参入を目指す

sales_ph01

KSPでは「協業による新事業の創出」を目的としたビジネスアライアンス研究会を定期的に行っています。   その活

DSCF7352

大企業と中小ベンチャー企業との事業提携を目的とするビジネスマッチングイベント「協創マッチングフォーラム」を2016年2月

iot

当社では「協業による新事業の創出」を目的としたビジネスアライアンス研究会を定期的に開催しています。 毎回テーマを設定し、