コラム

BA研究会(ヘルスケア)開催報告(2015/1/29)

iStock_000018974232_Small

 

ビジネスアライアンス研究会 ヘルスケアを開催しました!

【協業による新事業の創造】をテーマにビジネスアライアンス研究会を開催しています。新事業、新分野進出をお考えの事業会社の方が対象で、毎回40名程度のご参加を頂いており、参加者は大手中堅メーカー事業開発50%、中小ベンチャー経営者50%といったイメージです。

今回は「ヘルスケア~PHRの蓄積と事業化」をテーマとして、2015年1月29日(木)16時~19時で開催しました。

 

IMG_0315

 

個人の健康情報、活動ログなどを活用し、ヘルスケアサービスを提供する動きが活発化してきています。ウェアラブル機器を使ったり、ゲーム性を持たせたり、人的なサポートとリンクしたり・・・「いかに使い続けてもらうか」「どんなサービスを提供するか」の2点が各社苦悩している課題と思います。

今回は「Personal Health Recordの蓄積と事業化」というテーマで独自のビジネスを展開するベンチャー3社にプレゼン頂きました。

 

 

1.ヘルスケアサービスプラットフォーム事業  (株)プラクテックス 取締役 小原 由記子氏

ヘルスケア関連のベンチャー企業のビジネスモデルといえば、あるテーマに特化した独自のアプリ、サービスを展開する企業が多いと思いますが、プラクテックスは、マルチデバイス対応のヘルスケアサービス基盤を提供しています。ヘルスケアデバイスに特化した「データを集める仕組み」をSDKとして提供し、新事業の立ち上げに関するシステム開発、コンサルティングも行っています。

新事業として自社のデバイスをコアとするヘルスケアサービス事業を立ち上げる際に、ゼロから開発したのではコストも時間もかかりすぎ、変化の激しい市場についていけない可能性がありますが、メーカー側では、プラクテックスのソリューションを活用することにより、より早く、低コストでサービス立ち上げが可能になります。また、小原さんは日経デジタルヘルスなどでも講演されるなど、ヘルスケア×ITに関する造詣も深い方なので、業界の概況についてもお話頂きました。

 

DSCF5372

 

 

2.フィンク ダイエット家庭教師 (株)FiNC 代表取締役副社長 乗松 文夫氏

FiNCはトレーナーというキャリアをお持ちの溝口社長と乗松副社長が共同代表を務めるベンチャー企業です。乗松氏はみずほ銀行の常務執行役員退任後に、協和発酵関連企業数社の経営に携わり、現在はフルタイムでFiNCの経営をされています。2014年9月に伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、グリーベンチャーズ等から資金調達を行い、急速に事業拡大を行っています。

ヘルスケア関連市場で代表的な顕在マーケットの一つにダイエットがありますが、FiNCでは肥満を様々なリスクの入り口ととらえ、生活習慣アンケートやDNA診断などからリスク判定を行い、管理栄養士等による食事や運動の指導、サプリメントまで、徹底したオーダーメイドソリューションを提供しています。

通常、個人に合わせたサービスは非常に手間暇かかるものですが、FiNCではICT技術を活用することにより効率的な運営を可能としています。例えば、今後の顧客数の増加に対してもトレーナーをクラウドワーカーとして確保したり、スマホを通じてのアドバイスするなど、スケーラビリティの高い仕組みを実現しています。既に個人向けのサービスがスタートしていますが、今後の注力分野としては法人向けのサービス「ウェルネス経営」をスタートさせ、大手企業や健康保険組合などへのサービス提供を予定しているとのことです。

 

 

DSCF5379

 

 

3.腸内細菌叢(さいきんそう)検査サービスの事業展開 (株)サイキンソー 代表取締役 沢井 悠氏

サイキンソーは、2014年11月に設立されたベンチャー企業です。現在、サービス開発、パートナー探索といった本当に立ち上げ真っ最中!

理化学研究所で腸内細菌の研究を行っている辨野義己先生の研究成果を活用し、腸内細菌叢(マイクロバイオーム)検査サービスを実用化する予定です。

ヒトの体の中には1000種類 約1兆個の腸内細菌が住んでいると言われています。どんな細菌が住んでいるかは、その人の生活習慣、食生活、地域、性別、人種などにより異なり、同じ人でも時間の経過とともにゆっくりと変化していくそうです。この腸内細菌の種類、数をDNA解析により同定することで、いままで分からなかった様々なリスクが分かる可能性があるそうです。

DNA診断サービスは既に様々なものがありますが、具体的にどんな健康上のリスクが分かるかが、今後の他サービスとの差別化においては重要になってくると思われます。今後に期待です。

 

DSCF5380

 

 

3名のプレゼンテーションの後、参加者の自己紹介を行って頂き、立食形式の交流会でも活発な交流が行われました。

 

 

<次回予告>

次回のテーマは【アグリビジネス ~野菜を超える価値提供モデル】です。

日時:3月11日(水) 16:00~

場所:KSP西棟 7階701会議室

詳細は、ウェブサイト、メールでお知らせしていきます。