協創マッチングフォーラム

151217_ksp_matchingForum_topSlider

2019年2月7日にかながわサイエンスパーク(KSP)にて開催します。開催案内ページはこちら

※前年度(2018年2月8日)の開催結果はこちら

 

中小ベンチャー企業の独創的な技術を、 広くご紹介する商談会形式のイベント

『協創マッチングフォーラム』は、オープンイノベーションにより新商品・新事業・新分野進出をお考えの、中堅・大企業の方に、全国の支援機関が推薦する中小ベンチャー企業の独創的な技術を、広くご紹介する商談会形式のイベントです。

受発注取引だけでなく、共同開発、OEM提供、資本提携など提携による事業創出を目指しています。また、日常的に中小企業を支援しているコーディネータが面談に同席し、面談後のフォローアップやアドバイスを行っています。

 

競争マッチングフォーラム

 

フォーラムの内容

 

午前中は、全国の支援機関から推薦された中小ベンチャー企業が1社5分づつのプレゼンを行います。

当日の参加者には、当日のプレゼン資料を冊子として配布しています。

matchingforumimg

面談写真午後は、面談を希望する企業同士が個別に面談します(1面談15分)

面談はKSPが双方の希望を聞いて事前にアレンジするほか、当日プレゼンを聞いて面談をすることもできます。

こんな悩みに応えます

ベンチャー企業の技術を活用してみたいが、まとまった公開情報が無い

新興企業であれば、ほとんど公開情報は無く、特に有望な企業ほど公開しない傾向にあります。
また、外注先選定のDBはありますが、技術探索のための企業DBというのは見かけません。技術を評価するために必要最低限の情報を同じフォーマットで比較できることも重要です。

技術的には面白そうだが、この会社の経営状態はどうなんだろう?

技術評価の段階で、相手に財務諸表の提出を求めることができますか?
信用調査会社を使って、個別に調査すればすむことですが・・毎回のことだと費用もばかになりません。
ベンチャー企業=経営者ですので、社長の経歴や人柄、周囲からの評価などはパートナーを選ぶ際の重要なポイントですが、信用調査ではわかりません。
KSPが主催するフォーラムでは、創業時から支援を行っているコーディネータを活用することで、相当のリスクは取り除けると考えています。

新規事業部門は予算が厳しいので、コストをかけずに情報収集したい

大企業といえども、不確定要素の高い新規事業探索に、大きな予算をつけられる会社はそうありません。
マッチングの成約確率は想像以上に低く、協業検討プロセス自体が徒労に終わることもままあります。タイミングや担当者の資質によっても成果が大きく異なるため、協業の果実をとるためには、中長期にわたり継続的な情報提供が可能な仕組みが必要です。

最新情報

~LOTUSを利用して神経細胞を再生~ 横浜市立大学大学院生命医科学研究科の生体機能医科学研究室(竹居研究室)では、神経

  2019年2月7日、新規事業開発を目指す大企業と、全国の支援機関から推薦を受けた優れた技術力を有する中小・

今年で、18年目を迎えるセミオープンな商談会「協創マッチングフォーラム2019」を2月8日(木)にかながわサイエンスパー

2018年2月8日、新規事業開発を目指す大企業と、全国の支援機関から推薦を受けた優れた技術力を有する中小・ベンチャー企業

インキュベーション

 

 

殿町Wellbeing Research Campus 起業相談窓口
KSP Biotech Lab
平成30年度 再生・細胞医療産業化連携プロジェクト
RINK

協創マッチングフォーラム

KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
バーデン・ヴュルテンベルク
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

 


過去の開催分

タグ