kspbis.png
 

目的はイノベーション人材の育成

スクールでは、いかなる予測困難な環境にあっても、現状を突破し、自らの「志」をもってビジネスを実践することのできるイノベーション人材の育成を目的としています。
実践力の原点には、自ら進んで困難に立ち向かっていく強い意志・気性といった人間の“ 気概 ”が存在します。
新事業や起業の実践にあたっては、周囲の反対や干渉など多くの困難に遭遇します。
自らの想いを貫くためには、起業家はもちろん大企業であっても「WHY? なぜその事業をやるのか」という根本的な問いを繰り返すことで、実践者としての内発的動機“ 気概 ”を醸成していくことが極めて重要と考えています。

30年の実績

1992年に第1回KSP新事業マネジメントスクールを開校して以来、今年で第31期を迎え、700名以上の卒業生が起業家、大企業役員、中小企業社長、大学教授など、様々な分野で変革の担い手として活躍しています。これまでスクールを支えた皆様に深く感謝申し上げ、今後も自ら変わり、社会を変革する人材育成の場として、スクールを続けてまいります。

KSPの支援機能を結集

当スクールを運営するKSPは、日本初のサイエンスパーク運営会社として官民共同出資により1986年に設立。30年以上スタートアップ企業を支援してきました。運営施設(KSP、Think、LIC)入居企業や投資先企業など常時150社を支援しており、多くがテック系と呼ばれる企業です。KSPは「場所、資金、人材、顧客」へのアクセスを提供するほか、大企業とのビジネスマッチングも手掛けています。

技術者・研究者のスクール

基礎領域の研究者であっても、自分の研究成果が実社会でどう役立つかを分かりやすく伝える能力は必須になりつつあります。
スクールでは自分の技術を活用したビジネスプランを繰り返し発表し、多様な人からフィードバックをもらうことで、社会実装までの道筋や研究者が貢献できる役割を深く考えることができます。卒業生うち約6割が企業の技術者、大学の研究者で構成され、研究者が大学発ベンチャーを起業したケースも少なくありません。

スタートアップと共に学ぶ場

アクセラレータプログラム※1に採択されたスタートアップ企業(10チーム程度)も本スクールを受講します。本気で事業立上げを行う起業家と共に学び交流することで、既成概念を取り払い、真に顧客価値志向、ゼロベース思考でのイノベーションを構想します。

※1 Kawasaki Deep Tech Accelerator:コア技術を活用した事業を立ち上げる個人または立ち上げ初期の企業に向けた成長支援プログラム。川崎市が主催し株式会社ケイエスピーが運営協力しています。

スタートアップと共に学ぶ場

受講者の声

29期生の声


「飛び込んで良かった」(山本藍子)
何かが足りていない。メガファーマで自由に仕事をさせてもらいながらも、そう感じていました。それが何か全く分からぬまま、スクールに飛び込みました。そこには私が貢献したい事業や技術、壁打ちしあえる仲間との出会いがありました。
今は縁あって、国立大で創生された研究シードを事業化するスタートアップにジョインし、楽しく働いています。

山本藍子


「ピッチがわかった」(小沼和夫)
NIMS(物質材料研)発のスタートアップ、Thermalyticaを経営しています。スクールの後半「ピッチがものすごく良くなったね」とたくさん言ってもらえました。受講期間中のある飲み会で、「ピッチは説明ではない!自分の思いを相手に投げる(ピッチする)もの。相手に何を共感してアクションしてもらいたいかを意識しないとよくならない。」とストレートに指摘してもらったことが転機となりました。この指摘こそが私へのピッチで、それ以降世の中の見え方が変わりました。これから素敵なピッチをどんどん行っていきたいです。

s-konuma-san.jpg

2022年度(第31期)カリキュラム

対話による成長

私たちは知識の獲得よりもディスカッションを重視しています。自らが発表し、講師・メンター・受講生から親身な助言や厳しい指摘を受ける。このことが自らの思考を言語化し、ビジネスプランを磨き上げるからです。机上の検討だけでなく、小さく実践しながら修正することも経験していただきます。

カリキュラムのフロー

全日程オンライン併用

緊急事態宣言下であっても学びを止めません。新型コロナウィルス感染拡大状況に応じて、実地対面から完全オンラインまで柔軟に研修スタイルを変更します。また、全ての講座がライブかつ受講生相互の創発を促す参加型プログラムとなっています。

 

日時 講座名 講師 内容
7/27(水)
午後
キックオフ 全員 受講生や講師、メンターらが一堂に介し、自らや課題をプレゼンして交流する。
7/30(土)
10:00~17:00
事業創造 竹内倫樹 豊富な実例を通じて経営理念の持ち方や戦術の立て方を習得する足掛かりを与える。
8/20(土)
10:00~17:00
DX・ビジネスモデル 川上慎市郎 デジタル企業の集客法や稼ぎ方を知り、自らに合ったビジネスモデルを検討する。
8/27(土)
10:00~17:00
共感創造 倉増京平 『自分がやりたいこと』の言語化、人を巻き込むためのコミュニケーショ ンについて学ぶ。
9/2~3(金・土)
19:00-/10:00-17:00
集中メンタリング1 メンター
5名程度
自分の事業案をピッチし、1on1 でメンタリングを受けて事業案に反映する。
9/17(土)
10:00~17:00
仮説深化 木浦幹雄 事業仮説とその検証法を理解する。顧客に深く入り込み製品コンセプトを磨き上げるプロセスや事業のピボットを実例を通じて学ぶ。
10/8(土)
10:00~17:00
集中メンタリング2  メンター
5名程度
 自分の事業案をピッチし、1on1 でメンタリングを受けて事業案に反映する。
10/22(土)
10:00~17:00
財務・資金計画 福島泰三 売上利益計画と資金計画、資本政策について演習を通じて学ぶ。
10/29(土)
10:00~17:00
集中メンタリング3 メンター
5名程度
自分の事業案をピッチし、1on1 でメンタリングを受けて事業案に反映する。
11/12(土)
10:00~17:00
知財・アライアンス 足立昌聰 知財とオープン/クローズ戦略、企業間提携のメリットや契約の落とし穴を実例から学ぶ。
11/26(土)
10:00~17:00
ブラッシュアップ1 岡村勝弘
今庄啓二
窪田規一
ビジネスプランの中間発表とメンターからの質疑、コメント及び受講生との討議を通じて事業案を磨き上げる。
12/10(土)
10:00~17:00
ブラッシュアップ2
2022/1/7(金)  ビジネスプラン提出締切
1月下旬 成果発表会 全員 講師やメンター、投資家などのサポーターに対してビジネスプランを発表。講師による講評、表彰。

講師・メンター陣

実践現場を熟知した講師陣

多くの経験を有する実務家を講師陣として揃えました。理論にとどまらず「経営とは」「事業とは」といった経営者の哲学、経営の不易と流行も学びます。経営という答えのない問題に対処するためです。各講座後はオフサイト交流会でより深い議論・交流を促します。(交流会の開催可否はコロナ感染拡大状況に応じて判断します)

竹内 倫樹

事業創造

竹内 倫樹

ソシオテック研究所 創業者、本スクール 前学長

1947年長野県生まれ。早稲田大学卒業後、電算機ハードメーカーにて製造、管理の取締役を歴任後、民間研究所で企業コンサルティングに従事、1984年より産能大学総合研究所主任研究員、1991年にソシオテック研究所を設立。前代表取締役会長。T&C代表取締役。経営体質の転換等プロセスコンサルテーションを専門とする。 また、経営層の教育分野で活躍中。著書:「和魂洋才の経営学」「ビジネスマンは不況で進化する」

詳しく見る

川上 慎市郎

ビジネスモデル構想

川上 慎市郎

デジタルストラテジー 代表

1972年兵庫県生まれ。1996年日経BPにて「日経ビジネス」記者、2005年グロービスにて大学院や企業研修の講師を務める。2017年NTTコミュニケーションズのスタートアップ協働プログラム「BizLabアクセラレー ター」の企画運営を支援、2018年デジタルストラテジーを設立。2020年より情報経営イノベーション専門職大学学部長補佐に就任。早稲田大学政治経済学部経済学科卒、IESEビジネススクール(スペイン)IDFP修了。

詳しく見る 

木浦 幹雄

デザイン思考

木浦 幹雄

アンカーデザイン 代表取締役

奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科修了。キヤノン株式会社に入社後、総合R&D本部にて、デザインUXの開発等に従事。2016年~17年デンマークのコペンハーゲンにあるデザインスクール(CIID)へ留学。2018年5月アンカーデザイン株式会社を設立。複数のスタートアップのデザイン開発を行う。2009年未踏スーパークリエータ認定。

詳しく見る 

福島 泰三

財務・資金計画

福島 泰三

福島泰三公認会計士事務所 公認会計士/税理士

1970年宮崎県生まれ。太田昭和を経て2003年にトーマツへ入所。会計監査、株式上場支援、業務改善、財務デューデリジェンス等に従事。2015年より阿久津・福島会計事務所を経て、2017年に福島泰三公認会計士事務所設立。株式上場、業務改善、事業承継、売上増など中小企業の成長を支援している。

詳しく見る 

足立 昌聰

R&Dアライアンス

足立 昌聰

インハウスハブ東京法律事務所 代表  弁護士/弁理士/情報処理安全確保支援士

米国系法律事務所、特許庁法制専門官を経て、現職。LINEおよびLINEヘルスケアのセキュリティ&プライバシーカウンセル を務めながら、スタートアップ企業の新しいビジネスモデルの規制対応や知財・データ戦略立案を支援。2021年より株式会社JMDCのCDPO(Chief Data Protection Officer)に就任。

詳しく見る 

倉増 京平

共感創造

倉増 京平

ビジネスプロデューサー
複業実践家

2002年電通グループ企業(現社名 電通デジタル)に入社しデジタルマーケティングを手掛ける。2018年より三井不動産・電通・EY Japanの3社による新規事業創出プログラム「BASE Q」に伴走ビジネスデベロッパーとして参画。挑戦者を応援するのが人生ミッション。ライフ&ワーク代表取締役、ティネクト取締役、WorkDesignLab理事。

詳しく見る 

 
 

多彩なメンター

業界、企業規模を問わず経営者、投資家、コンサルタントなどの経験をもつプロフェッショナルを招聘しました。様々なメンターから多くの助言やコメントをもらうことで、あらゆる角度からビジネスプランの検証が可能になります。受講生により近い存在としてスクール卒業生もOBメンターとして加わり、ビジネスプランの検討をサポートします。また、希望に応じてカリキュラム日程外でもメンターと個別に1on1を行い、より深いレベルでの継続的なサポートを行います。

今庄 啓二

K2 Frontier 代表 元フューチャーベンチャーキャピタル 代表取締役社長

京都大学工学部卒業、慶應ビジネススクール修了(MBA)カネカにて研究開発、新規事業開発に従事。2011年フューチャーベンチャーキャピタル社長就任、2017年取締役会長退任。
現在は、ベンチャー支援、エンジェル投資、複数の社外取締役など行う。

詳しく見る 

岡村 勝弘

岡村 勝弘

トレジャークエスト 代表取締役

1958年静岡県生まれ。京都大学農学部卒業。農林水産省、リクルートを経て35歳で起業。グロービス・パートナー・ファカルティ、上場企業などのコンサルティング、シリコンバレー、日本、インドネシアでスタートアップへのエンジェル投資に従事。

詳しく見る 

窪田 喜一

ケイエスピー 代表取締役社長 元ペプチドリーム 代表取締役会長

早稲田大学卒業、日産自動車入社。2006年7月 ペプチドリームを設立し、代表取締役社長に就任。2013年6月に東証マザーズに上場。2015年12月東証一部に市場変更。
2021年6月よりケイエスピー 代表取締役社長。

詳しく見る 

小沼 晴義

小沼 晴義

ジャフコ グループ株式会社 投資部 チーフキャピタリスト

1992年4月JAFCOに入社し現在まで一貫してベンチャーキャピタル部門でスタートアップへの投資活動を行っている。主な投資領域はFintech、SaaS、Market place、Robotics。主な投資先IPO企業は、マネーフォワード、Chatwork、Finatextホールディングス、ナレッジスイート、ロコンド、バリューコマース等。

詳しく見る 

佐藤 将史

佐藤 将史

一般社団法人SPACETIDE 理事兼COO

2003年東京大学大学院理学系研究科(地球惑星科学)修了、2013年UCLA MPP(公共政策学)修士。野村総合研究所にて宇宙業界やベンチャー振興を軸に、オープンイノベーションや産学連携、知的財産に関連したコンサルティングに従事。

詳しく見る 

橋本 遥

橋本 遥
株式会社Convallaria
代表取締役

京都大学大学院 農学研究科修了。バイオ分野での研究ののち、DeNAにてヘルスケア/健康経営サービスの新規立ち上げ、その後バイオベンチャーを経て、デジタルガレージ/DG Lab/DG Lab Fundにてバイオ・ヘルスケアのアクセラレーター立ち上げ・国内外へのVC投資を行う。その後、独立し現在に至る。

詳しく見る 

船田 学

船田 学

日本総合研究所 リサーチコンサルティング部門 シニアマネージャー

早稲田大学法学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院(MBA)修了。中小企業基盤整備機構において、中小企業・ベンチャー企業の新事業創出支援業務及び中小企業基盤整備機構の企画業務に従事。2010年、日本総研 社会基盤イノベーショングループに所属。2015年都市・生活イノベーショングループに所属。

詳しく見る 

古澤利成

古澤利成
先端技術共創機構(ATAC)取締役
経営共創基盤(IGPI)共同経営者(パートナー)

東京大学大学院理学系研究科修了。IGPI参画後は多数の製造業に対し、事業/技術/生産戦略策定~実行支援など製造業の競争力を高める様々な改革を推進。
その後、ATAC設立に関わり、現在はアカデミア、スタートアップ、企業の三者に向き合いながら先端技術の社会実装を実践。

詳しく見る 

前田 信敏

前田 信敏

NV Ventures 代表取締役

大和企業投資、ウエルインベストメント勤務を経て、2019年NV Ventures代表取締役社長。文部科学省(現JST)STARTプロジェクト事業プロモーター、NEDO事業カタライザー、内閣府技術委員・アドバイザー等を歴任。

詳しく見る 

山岸 朝典

山岸 朝典

池森ベンチャーサポート(ivs) 事業統括責任者 公認会計士

2000年大原簿記学校 講師、04年新日本監査法人、14年化粧品会社(東証一部上場)経営企画部、18年IT系ベンチャー IPO準備室を経て、同年ファンケル創業者が立ち上げた池森ベンチャーサポート(ivs)に事業統括責任者として創業時から参加し、ハンズオンで取り組んでいる。

しく見る 

 
 

募集要項・FAQ

募集要項

期間 2022年7月~2023年1月
(原則土曜日開催、キックオフ・成果発表会除く)
受講料 396,000円(消費税・プラン作成個別サポート・書籍・教材費含む);部分受講は33,000円/コマ(消費税・教材費含む)
定員 25名
対象者 ・大手企業マネージャー、リーダー、新規事業担当者
・中小企業経営者・後継者
・ベンチャー企業経営陣
・創業予定者
・研究者など
会場 〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内
優遇制度 スクール修了後に創業する場合、川崎市の創業支援事業計画による優遇制度を活用できます。

●新型コロナウィルス感染症の拡大抑止のため感染防止対策を徹底し、全講座を対面/オンライン併用で行います。
●ご興味いただいた方に対してWeb会議で個別に、詳細や過去のビジネスプランなどについてご説明します。
●個人での受講(支払い元が法人ではない)場合、受講料の分割や割引についてご相談に応じます。

8mindigest.png

資料請求頂いた方には、スクールダイジェスト動画(8分)の閲覧URLをご案内します。受講検討にお役立てください。

FAQ

一人ずつビジネスプランを作るのか?

はい、そうです。自らの強い思い入れを込めたビジネスプランを作成していただくためです。ただし共同創業者が2人とも参加する場合などでは、2人が1つのプランを作成します。

事業テーマを決めきれていない。受講してよいか?

OKです。自分一人で考えていてもなかなか進まないので、スクールを受講しながら、多くの人から助言をもらいましょう。受講期間中に事業テーマを変えても構いません。より魅力的な事業の創出につながるからです。

独立したり新規事業を担う予定がない。受講してよいか?

OKです。勤務中の企業を変革するビジネスプランを作成してください。これまでも多くの方がそうされました。自らが実践しない架空のプランではなく、実践するプランの作成をお勧めします。

受講で出したくない情報がある。よいか?

OKです。全受講生とKSPは、機密保持に関する覚書を締結します。未出願の発明や社内の計数といった機密情報は、原則伏せて頂いて結構です。

スクールを修了したらKSPは出資するか?

修了生が起したスタートアップにKSPは多数出資してきました。ただし、それはあくまでもベンチャーキャピタルとして収益を見込めると判断した結果です。その評価プロセスを通過しなければ出資しません。

ゴールはビシネスプラン作成完了か?

スクールとしてはYesです。しかしビジネスプランをそのまま実践しても、残念ながら所望の結果はまず得られません。ビジネスプランは過去の検討結果であり、実践→小さな失敗→軌道修正を繰り返しましょう。

パンフレット請求・お問い合わせ

PAGETOP