殿町Wellbeing Research Campus 起業相談窓口

問い合わせフォームはこちらから

慶應義塾大学を中核機関とするリサーチコンプレックス推進プログラム: 殿町Wellbeing Research Campus-Tonomachiでは、事業化支援分野において、殿町を中心とした融合研究から生まれてくるシーズの事業化・社会実装化を推進するために、アントレプレナーの育成、メンターの集積、マッチング機能の強化等に注力しています。

その一環として、起業を志す方たちの一次相談窓口を設置します。

目的近年大学や国立研究機関等では、研究シーズの事業化に携わる専門部門を設置するところが増えてきています。この殿町エリアにおいても、起業を志す方たちを対象に、一次ガイダンスを提供する仕組みを整え、事業化の促進を図ることを目的とします。
対象者殿町Wellbeing Research Campusに何らかの形で関わっていて起業を志す方
殿町Wellbeing Research Campus事業との連携を視野に入れて起業を志す方 等
相談費用無料

相談プロセス

問い合わせフォームはこちらから

本起業相談窓口の運営は、公益財団法人川崎市産業振興財団と(株)ケイエスピーが共同で実施いたします。

殿町Wellbeing Research Campusとは

慶應義塾大学を中核とし、自治体、大学・研究機関・企業と協働し、殿町の4つの中核技術領域を中心に、統合的データサイエンス基盤「Person-centered Open Platform for wellbeing」の構築、異分野融合研究とその成果に基づく事業化の促進、ヘルスケア分野のアントレプレナーやデータサイエンス人材の育成等を一体的に進め、ライフサイエンス・情報・ものづくりを融合した技術革新と社会実装の加速化による新分野や新産業の創出に取り組んでいます。

中核技術領域