受講生・修了生

実践の学びが自信になった[ベンチャー企業]

吉本 桂子 ロイヤルブルーティージャパン株式会社 代表取締役社長 [19期修了生(2011年)]

K S Pスクールでの実践の学びが自信になりました。卒業後、日本茶が東日本大震災による原発風評被害に見舞われ、事業存続の危機に陥ってしまい、黒字化に6年間かかりました。辛抱できるのは明確なビジョン・ミッション・ゴールを描く鍛錬をスクールで訓練したからです。10期目、2016年3月、新社屋・新工場竣工、待望の直営店「茅ケ崎ブティック」を開業しました。設立11年目に第二創業を迎えられたことに感謝しています。
伊勢志摩サミットで呈茶拝命、シンガポール・香港に現地法人を設立、オンラインショップを開業しました。そして、最高額の日本茶ボトルドティーの受注販売を開始しました。常に挑戦者であること忘れず、和醸良茶の哲学でゴールへ向かい日々是精進しています。

新規事業の方向性が正しいことを確認[中小企業の後継者]

池田 謙伸 株式会社協同インターナショナル 代表取締役 [12期修了生(2003年)]

大手企業のサラリーマンから父の会社に後継者として戻った翌年に、KSPのスクールを知り内容を見て自ら志願しました。受講に際しては、自分なりの会社経営を考えてみたい、新規事業担当として大学やベンチャーといった先端領域でのビジネスパートナーとの協業と、その将来戦略を探りたいという目的がありました。
スクールを通じて新規事業の方向性が正しいことを確認でき、また進むべき方向・今後起こりうる問題などを学ぶことができました。ビジネスプラン作成と並行して、川崎市の産学共同研究開発プロジェクト補助金事業に応募し採択され、計画作りだけでなく資金面からも支援を受けることができました。また新技術・新開発の開発資金援助も続けて受けることができ、川崎市からも期待されています。
このビジネスプランは社内外への説明に現在でも使っており、Ver.13まで改訂を重ねています。2006年5月に代表取締役となりましたが、受講で知り合った人脈は経営者同士の交流だけでなく、実際のビジネスでも大切な財産となっています。

「思いを現実にすること」で自己実現する方法を学んだ[研究者からの起業]

増田 健一 動物アレルギー検査株式会社 代表取締役社長 [14期修了生(2005年)]

大学教員を経て研究所で研究に没頭していた頃、「このままでいいのだろうか?」と疑問を抱き、40歳を目前にしてベンチャービジネススクールに通いました。スクールでは起業の方法、会社経営の仕組みを一から教えてもらい、会社の設立、経営のおおよそのイメージを持つことができました。
また、一方で、仕事をする意義、人生の意義まで気付かされました。実際に起業して会社を経営しますと、日々の具体的なこと以上に仕事への想い、人生に対する姿勢が問われることが分かり、スクールの学びの深さ、広さを認識しています。
更に、スクールの友人やKSP独自のネットワークなど広い人間関係も作ることができたのは、予想を上回る副産物的な効果でした。 振り返ってみますと、スクールで教わった「想いを実現すること」によって、人生における自己実現する方法を実は伝授されていたように思っています。

ビジネスプランのアイデアを整理、可視化 [大手企業(新規事業)]

平田 和也 株式会社サトー ソリューション推進部 [24期修了生(2015年)]

                      

当社はバーコードやICタグなどの自動認識技術を活用して、様々な現場の業務を正確に、効率的に改善するお手伝いをする会社です。私は国内成長市場をターゲットとした新規事業企画に携わる中で、KSPビジネスイノベーションスクールを受講する事となりました。
長年携わった営業職から新規事業企画に仕事が変わり右往左往する毎日でしたが、ビジネスイノベーションスクールで学んだ事はどれも実践的で、マーケティング戦略や財務戦略など学んだ事を日々の業務に即座に反映し、実業務で成果が得られていった事が印象に残っています。特にスクールの後半で取り組んだビジネスプラン作成のプロセスは得たものが多く、頭の中で考えていたアイデアを整理、可視化できただけでなく、講師の先生方のご指導により、更に魅力的なビジネスプランに成長させる事ができたと思います。
また、スクールで全くの異業種・職種の受講生と机を並べ、学んだ事も大きな収穫です。営業職に従事した期間が長く価値観が凝り固まっていた私にとって、他受講生の全く異なる観点での意見には大変刺激を受けました。 当スクールは受講し、卒業することが目的ではなく、学んだ事を実践することが重要な目標であると思います。講師の先生方、共に学んだ受講生から得た事をこれからの私のキャリア、事業企画に最大限活かして参りたいと思います。

創業当初のビジネスプランをブラッシュアップ[KSP入居企業]

槇島 正夫 株式会社マキシマム・テクノロジー 代表取締役社長 [19期修了生(2011年)]

大手企業を早期退職し、ベンチャー企業を立ち上げて、リーマンショックもなんとか乗り切り、設立4年間は連続黒字決算でした。それまでは順調だったこともあり、スクールの案内を断り続けてきましたが、ビジネスに翳りが見え始め、このままでは…と悩んでいたところに再度お誘いを受け、受講を決意しました。
同期の方々は若い人ばかりで、当初、疎外感はありましたが、授業を重ね親しくなるにつれて、起業する熱意は世代を超えて同じと実感いたしました。そして、若い皆さんからたくさんの新鮮な刺激を受け、会社設立当時の初心を蘇らせて貰いました。もっと早く入学していればと、悔やまれた次第です。 
スクールではビジネスプラン作成が必須条件ですので、真剣になって設立当初の案をブラッシュアップし、最優秀賞を頂きましたが、先生方から後継者を育成していない事を指摘された事は、正に目からウロコでした。まだまだ若い気持ちでいたのですが、客観的に自分の置かれた位置を痛感した次第です。 
ご指導いただいたビジネスプランを今後の発展の第一歩と位置付けて、更なる発展を目指して頑張って行きたいと思います。本当に何回にもわたる指導、心から感謝いたします。

スクールでの学びを通して期待以上の成果を得ることができた[KSP入居企業]

藤木 清志 株式会社テレメディカ 代表取締役 [25期修了生(2016年)]

日本の医療は、それぞれの専門知識とスキルを活かしたチームで医療を行う「チーム医療」が進んでいます。その中で薬剤師は、薬物動態の専門家として医療チームを補佐することに加え、聴診器を手に取り、副作用の初期変化をとらえ重篤化を防ぐ役割を担うことが求められ始めています。
初期変化をとらえるためには聴診スキルアップが必要なことは言うまでもありませんが、そのためには多くの音を聴く必要があります。しかしながら聴診学習に充実した学習ツールがありません。そこで聴診トレーニングのためのシステムを自社開発しました。
弊社はこれまで薬剤師向けの学習サイト「テレメディカネット」を運営してきました。聴診ビジネスに展開するにあたり、ビジネスモデルを熟慮断行するためにKSPイノベーションスクールへの参加を決め、スクールでの学びを通して期待以上の成果を得ることができました。また優れた講師、KSPの方々と知り合えて有益でした。

各項目の詳細

その他の詳細は、下記の各項目をクリックしてご覧ください。
「講座概要・カリキュラム」「講師陣」「派遣ご担当さまへ」「 募集要項・お問い合わせ・お申込み」

お問い合わせ・パンフレットダウンロード

お問い合わせ先

株式会社ケイエスピー
KSPビジネスイノベーションスクール事務局
電話:044-819-2001 FAX:044-819-2009 E-mail:bis@ksp.or.jp