≪終了≫海外実地研修(中国 深圳)

KSPビジネススクール海外実地研修のご案内<<終了しました>>

深圳: 写真
深圳 (トリップアドバイザー提供)

KSPビジネススクールでは例年受講生、卒業生、講師を対象に、現地視察を企画してきました。
今年度は「北京 中関村」と並び中国の2大イノベーション都市のひとつ「深圳」を訪問します。1990年代から電子機器の生産拠点として栄えたこの街には、テンセントやDJI、ファーウェイが本社を構え、ここ数年で「中国のシリコンバレー」と呼ばれるようになっています。

現地コーディネータは TMR台北科技 大槻 智洋 氏 です。
プロフィール
1998年4月よりCSKベンチャーキャピタルで投資や経営支援に従事した後、2001年11月より日経BPで日経エレクトロニクス記者となる。カメラ技術やEMS/ODM産業の分析記事で高評価を受ける。
2010年8月に台湾へ単身移住し2011年9月に会社設立。コンサルティング会社や電子関連企業に調査サービスやコンサルティングを提供するほか、メディアに寄稿している。

 
海外実地研修(中国 深圳)

旅 程 2018年10月25日(木)~27日(土)

参加費 162,000円 ツイン利用(往復航空券、宿泊2泊、現地移動費、コーディネーション費等含む)
BIS受講生は割引料金でご参加いただけます。
※羽田までの往復交通費、初日朝食代、最終日昼食代は含まれません。

定 員 20名

申込締切 8月20日(金)

月日(曜)行程(予定)
2018/10/25空路、香港へ
"SKYPIERから深圳宝安国際空港へ"フェリーで移動
入国手続き バスで移動
視察先①Jenesis視察
交流会
ホテル「富苑皇冠假日套房酒店」へ移動
ホテルチェックイン
<深圳泊>
2018/10/26ホテルで朝食 バスで移動
視察先②Koppo視察
昼食
視察先③Huawei視察
視察先
④SegMaker+、華強北路視察
ホテル着
夕食
<深圳泊>
2018/10/27ホテルで朝食
出発まで自由時間 ホテルチェックアウト
ホテル発 バスで空港へ
空港着
昼食は各自
空路、羽田空港へ
解散

 

KSPビジネススクール海外実地研修のご報告

10月25日(木)~10月27日(土)に海外実地研修(中国深圳)へ行って参りました。

KSPビジネスイノベーションスクール受講生・OBを中心に21名が参加して下さいました。愛媛県、滋賀県からご参加の方もいらっしゃいました。ありがとうございます!

第一日目は早朝6時50分に羽田空港国際ターミナルビルに集合しました。8時50分に飛行機で香港へ出発し、香港空港からフェリーで深圳(福永)入りしました。

この日の視察先はJenesisです。日本市場に特化した小型EMS/ODM企業です。Jenesisの特徴の1つは、深圳のサプライチェーンをフル活用し小ロットの製造受託をしていることです。深圳には、デザインハウスと呼ばれる司令塔のような会社と協力することで、低価格、小ロット、短期間の製造が可能とのことです。Jenesisは藤原淳一氏が社長を務めており、深圳で製造で起業した唯一の日本人でもあるそうです。藤原社長、ありがとうございました。

視察の後は、藤原社長を交えて近くのお店で懇親会を開催いたしました。お料理はどれもおいしく満足しました。隣の部屋で現地の男女が宴会をしていましたが、みなさんは非常に主張が激しいらしく喧嘩をしているのかと心配になってしましました。でもとても楽しそうに飲んでいたのが印象的でした。

1025  dish  Bird

ホテルは、富苑皇冠假日套房酒店です。チェックイン時に顔写真を撮影。管理社会なのですね。

2日目は、Koppo、Huawei、SegMaker+ を視察です。朝、7時45分にホテルロビーに集合です。皆さん、遅刻もなく集合して下さいました。

KoppoはBluetoothイヤホンの大手EMS/ODM企業です。Amazonで売られているBluetoothイヤホンは、ほとんどがKoppoで作られています。玄関に入ると、日本語のウェルカムボードがあり感激しました。工場はISO取得されているとのことで、整理整頓が行き届いていました。Ben Wei(魏永寧)社長を始め、社員の方々に丁寧にご対応して頂きました。Bluetoothイヤホンのお土産もありがとうございました。

Koppo1  Koppo2

Koppo3  Koppo4

いよいよ、Huaweiへ向かいます。バスから見える街がきれいになったと思ったら、既にHuaweiの坂田地区を走っていました。ご存知の通り、Huaweiは通信機器、スマホのグローバル企業であり、豊富な研究開発費を活用し技術で差別化を果たしています。敷地内をご案内していただいた後は、ショールームでHuaweiの事業を説明して下さいました。その後、意見交換を行いました。ご多忙のことろ、ありがとうございました。(平成23年にファーウェイ・ジャパンは中国企業ではじめて経団連のメンバーになりました。)

Huawei1  Huawei2

お問い合わせ先

株式会社ケイエスピー
KSPビジネスイノベーションスクール事務局
担当 栗田、渡邉
電話:044-819-2001 FAX:044-819-2009 E-mail:bis@ksp.or.jp

人材育成

殿町Wellbeing Research Campus 起業相談窓口
KSP Biotech Lab
RINK
協創マッチングフォーラム
ビジネスイノベーションスクール 生徒募集
KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
バーデン・ヴュルテンベルク
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

過去の開催分

ASPA2015 年次大会

タグ