再生・細胞医療など先端医療分野の産業化に取り組みます
~ケイエスピーの新たな事業展開~

株式会社ケイエスピーは、日本のビジネスインキュベータの先駆けとして、会社設立以来30年、ベンチャー企業の創業支援・成長支援に取り組み、これまでに約500社のベンチャー企業を支援し、10社がIPO(株式公開)するなど、大きな成果を上げています。

下図のとおり、近年、支援対象・投資対象が「機械・装置・加工」から「バイオ・ヘルスケア」「医療機器」へ大きくシフトしていることもあり、再生・細胞医療など先端医療分野のベンチャー支援に重点的に取り組むこととし、ライフイノベーションセンター(LIC)内の新たな拠点”KSP Biotech Lab” では、創業以来30年間の経験・実績に基づき創り上げた独自のベンチャー支援システムを活用して入居企業を支援します。

また、神奈川県と連携して、再生・細胞医療分野の研究開発の成果の早期事業化・産業化を図るため、幅広い支援活動を行います。

KSP Biotech Lab(B‐Lab)概要

株式会社ケイエスピーは、再生・細胞医療分野に挑戦するベンチャー企業等向けのラボ・オフィスとして借り受けた「ライフイノベーションセンター(LIC)」4階を“KSP Biotech Lab(B‐Lab)”と名付けました。

B-Labは、主にベンチャー企業の皆様にご入居いただきたいと考え、大小22のラボ・オフィス(19.93㎡~497.55㎡)を設けました。さらに、入居者の皆様の利便性を高めるために、LIC入居企業は無料でご利用いただける「共用会議室」、羽田空港を望む「ラウンジ」を用意しました。

「共用会議室」は、入居されたベンチャー企業の皆様に、「株主総会」「展示会」「セミナー」等を行っていただくためのもの。そして「ラウンジ」は、羽田空港の夜景を楽しみながら、研究開発の疲れを癒していただくところであり交流会・懇親会にご利用いただくスペース。入居者同士或いは「かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK)」のメンバー等との交流の中から新しいアイデア・アライアンスが誕生することを期待しています。

また、「かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター(KCCR)」「オープンラボ」もB-Labに整備していただきました。どなたでもご利用いただけますので、再生・細胞医療分野の研究開発・事業化を促進するためにご活用ください。

オープンラボ(運営:ノベルサイエンス(株))

B-Lab内に再生・細胞医療の実用化・産業化を支援するためのオープンラボを開設しました。個々の企業では導入が困難な高額研究機器や汎用性の高い機器が整備されており、研究開発や事業化の推進に活用していただけます。

利用対象:LIC入居企業をはじめとする再生・細胞医療関連の研究開発等を実施する事業者

http://www.lic-openlab.com/

かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター(KCCR)

(運営:(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC))
「時代を切り開き、世界と交流し、ともに支えあう臨床研究共同実施(国際臨床試験への参加、実施への可能性を探る)」ことを念頭に置き、再生医療等製品や医薬品等の早期臨床研究実施や実用化に向け、基礎科学(ベンチ)から医療現場(ベッドサイド)までの過程を、臨床統計学を活用した有効性・安全性(レギュラトリーサイエンス)の研究推進や、企業開発支援、人材育成を行ってまいります。

http://kccr.co.jp/

KSP Biotech Lab(B‐Lab)入居企業

・Agilis GTRI Japan株式会社
株式会社遺伝子治療研究所
大阪サニタリー株式会社
Genomedia(ゲノメディア)株式会社
島津サイエンス東日本株式会社
スコットランド国際開発庁 
セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社
ダイダン株式会社
一般社団法人日本薬理評価機構(PEIJ)
ノベルサイエンス株式会社
株式会社ブライトパス・バイオ
・株式会社メトセラ
和光純薬工業株式会社

神奈川県との連携事業(受託事業)
「再生・細胞医療産業化共同プロジェクト」

神奈川県は、県内ベンチャー企業等が行う再生・細胞医療分野のプロジェクト(研究・開発・事業化)を支援することで、県内での早期かつ着実な事業化と、関連産業のネットワーク化を図り、県内での再生・細胞医療の産業化の促進を図ることを目的に「再生・細胞医療産業化促進事業」を実施しています。

ケイエスピーはこの事業を受託し、その一環として「再生・細胞医療産業化プロジェクト」に取り組んでいます。このプロジェクトは、主に、神奈川県内のベンチャー企業・研究者等が有する再生・細胞医療分野の有望なシーズを発掘し、その提案者とケイエスピーとが共同プロジェクトを組成・推進することにより、事業化・産業化の促進を図るものです。

ケイエスピーは、プロジェクト推進のための経費の一部(事業化促進につながる経費)を負担するとともに、ニーズ調査、販路開拓など効率的・効果的な支援を行います。

支援の内容

・プロジェクト推進のための経費(事業化促進につながる経費)支援
・事業化に向けたハンズオン支援(ニーズ調査・販路開拓、実施拠点の整備など)

対象プロジェクト

国内に研究・活動拠点を有する法人(法人設立予定の団体は可)が実施するプロジェクトで、以下の内容がすべて当てはまるもの

○再生・細胞医療分野及び関連分野のプロジェクトであること
○神奈川県内で試作化、製品化、商品化を目指すプロジェクトであること
○特筆すべき事業性や技術内容を有するプロジェクトであること

支援の流れ

支援の流れ

採択企業等のページへ

かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK)

キングスカイフロントに立地する「ライフイノベーションセンター(LIC)」に入居する企業を中心に、関連する業界団体・機関や企業・アカデミアなど多様な主体が参加・連携して、「かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK)」が設立されました。

その目的は、再生・細胞医療の研究開発・事業化に取り組む企業・アカデミアなどが相互に連携・協力して産業化を加速させること。

今後、究極の目標である、細胞の加工・培養・評価・保管・輸送という一連のプロセス=バリューチェーンの構築を目指して、組織の拡大・活発な活動に取り組みます。

http://rinkrink.jp/

RINK
協創マッチングフォーラム
BIS 修了記念講演
ビジネスイノベーションスクール 生徒募集
KSP投資ファンド
株式会社ケイエスピーfacebook

関連機関

Asian Science Park Association
かわさき新産業創造センター
Techno Hub Innovation KAWASAKI
明治大学地域産学連携研究センター
川崎ものづくりブランド
かながわの産業を応援する産業Navi

過去の開催分

第14回かわさきサイエンスチャレンジ
ASPA2015 年次大会

タグ