コラム

協創マッチングフォーラム開催報告(2014/12/3)

2015年度のフォーラムは2016年2月4日に開催予定です。

151217_ksp_matchingForum_topSlider

 

 

 

大企業と中小ベンチャー企業との事業提携を目的とするビジネスマッチングイベント「協創マッチングフォーラム」を2014年12月3日に開催しました。

このイベントも2002年の第1回から数え、今回で32回を迎えます。今回は、横浜銀行、産業技術総合研究所との共催で開催し、それぞれの機関が支援する中小ベンチャー企業を始め、全国の支援機関から推薦を受けた30社の中小ベンチャー企業と支援者、30社以上の大企業が一堂に介し、技術プレゼンテーションとビジネスマッチングを行いました。

協創マッチングフォーラム2014

 

日時 :2014年12月3日(水)10:00~17:00

会場 :かながわサイエンスパーク KSPホール

(神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 東急田園都市線 溝の口駅/南武線 武蔵溝ノ口駅)

主催 :株式会社ケイエスピー、株式会社横浜銀行、独立行政法人産業技術総合研究所

参加費:無料(要事前予約)

【スケジュール】
10:00-12:30  中小・ベンチャー企業のプレゼンテーション(1社8分×30社)
12:30-13:30  休憩
13:30-17:00  個別面談 プレゼンした中小ベンチャー企業との面談(1面談15分)
17:00      終了予定

連携先:公益財団法人大田区産業振興協会、公益財団法人川崎市産業振興財団、公益財団法人北九州産業学術推進機構、一般社団法人蔵前工業会 蔵前ベンチャー相談室、株式会社さがみはら産業創造センター、独立行政法人産業技術総合研究所、株式会社つくば研究支援センター、東工大横浜ベンチャープラザ

 

午前中のプレゼンは1社8分で2会場を同時に進行しました。プレゼン時間が短いので各社ポイントを絞ったプレゼンが求められます。

午後からは1コマ15分の個別面談です。時間的に慌ただしいのですが、お互いの紹介は配布資料で済ませて、どこまで実質的な議論ができるか、タイムマネジメントが重要になってきます。

アンケートを見ると中小企業側は面談時間が短いという声が多いのですが、大企業はちょうどいいという人が多かったりもします。時間についは、毎回いろんな意見がありますが、なるべく多くの企業に会ってもらうというイベントの趣旨としては、現在の時間ぐらいでいいのではと思っています。

 

会場図面_R

 

主催者である産総研さんの技術相談コーナーとパネル展示を併設。

フォーラムには参加していない産総研ベンチャーのPRや、来場した企業さんとの技術相談を行ってもらいました。

DSCF5055_R DSCF5054_RDSCF5046_R

 

10時からはA、B会場に分かれてプレゼンです。A会場はエレクトロニクス、B会場は素材、加工技術という感じで別れています。

両会場ともちょうど半々ぐらいで70~80名程度の方が聴講されていました。

DSCF5042_R

 

 

こちら↓は大田区のビートセンシングさん【近赤外分光計測技術を応用した工業分野での分析・検査装置の開発】

DSCF5052_R

 

 

女性社員のかたが登壇した光コムさん。↓東工大横浜ベンチャープラザに入居されています。【「高精度」「高速」を特長とする距離計測、三次元形状計測による検査装置】

DSCF5060_R

 

こちらは、つくば産総研発ベンチャーのアプライド・ビジョン・システムズさん。↓このイベントは数回ご参加頂いています。【ステレオカメラ方式3次元視覚認識システム】

DSCF5067_R

 

こちらは、B会場の横浜銀行さん推薦の仙北谷さん。【アルミダイカスト製品の試作(ADC12からの切削加工)】

DSCF5065_R

 

 

12:30までプレゼンが続きました。13:30からは個別面談会のスタートです。

各面談の場所とスケジュールはこんな風に張り出され、スタッフが進行管理を行っていきます。人気のある中小企業さんですと10社近い大企業と面談されるところもあります。

面談は事前に中小企業1社当たり大手3社以上の面談は組むようにしているのですが、多いところと少ないところの差は毎回でます。当日の面談申込も受け付けており、資料を見る限りではイマイチな印象だけど、実際にプレゼンを聞いてみると非常に面白い技術とわかる場合も結構あります。話を聞かないとわからないものです。

DSCF5071_R

 

こちらは面談のスナップショットです。

面談では、中小企業、大企業、支援機関の3者の方に参加して頂いています。支援機関の方は自分の支援先の面談内容を把握して頂き、面談の後日フォローなどもお願いしています。

 

DSCF5082_R DSCF5081_R DSCF5080_R DSCF5079_R

 

 

 

 

 

 

17:30で全ての面談は終了しました。

今回の参加者は 189名でした。(大企業65名、中小企業50名、支援機関48名、一般26名)

面談数は138コマ(事前120面談、当日18面談)

 

参加して頂いた企業の皆様、支援機関の皆様 ありがとうございました。

主催者の横浜銀行様、産総研様、お疲れ様でした。

 

次回、第33回の協創マッチングフォーラムは2016年2月4日(木)に開催予定です。